ホームページを自分で作ろう

 

ホームページが表示される仕組み

このサイトは、ホームページをサクッと自分で作れるようになりましょう!! という内容のものです。

今回は、ホームページ作成のハナシの前に「インターネット」について説明します。

インターネットって何?

インターネットとは、世界規模でネットワークとネットワークが繋がったネットワークのことです。
全世界のコンピュータと通信回線を介して繋がり、インターネット環境が提供されています。


総務省 インターネットの仕組み より

もともとは、大学の研究機関を相互接続する目的で作られたネットワークでした。

参考URL

 → 海の底で世界中がつながってる!深海8千mの最先端ネットワーク、海底ケーブルのヒミツ NEC 

インターネット基盤が充実した今は、光回線やADSL回線、ケーブルテレビ回線などを使ってインターネットに接続してくれるインターネットサービスプロバイダ(通信事業者)と契約してインターネット接続し様々なサービスを利用しています。

個人がホームページを公開する時は、メールサーバ(メール送受信サービス)や Webサーバ(ホームページ公開サービス)などを提供してくれるレンタルサーバーと契約し、各サーバが提供しているサービスを利用する事になります。

各ネットワークは、IPアドレスで管理されています。IPアドレスは数字の羅列で人間には扱いにくいのでドメインを取得してメールのやり取りやホームページの公開が行われます。

ホームページ公開には、レンタルサーバとの契約およびドメイン取得が必要になります。(年間1万円くらい)

 
 

 

コメントは受け付けていません。